投資ログ

株、投資信託、FXで資産運用する記録

増税するなら消費しなきゃいいじゃない。還元キャンペーンに乗らず株を買う事に決めました

投稿:2019-09-10 08:00  更新:

2019年10月に消費税率が8%から10%になります。

外食を除く食料品や新聞などは当面8%で据え置かれるそうですが、何か買うと税金が10%もかかってしまいます。

世間では増税対策の還元キャンペーンとか買いだめの話題で盛り上がっていますが、個人で長期的に増税対策をしていかないとますます格差が開くだけなので、消費税が与える影響とできそうな対策を考えてみます。

スポンサーリンク

消費税が上がると資産は目減りする

消費税が上がると2%余計に払わないといけないので物価上昇と似たような事になりますが、これって実質的に金融資産が目減りする事になってしまいます。

日本はインフレリスクがまだまだ低い国ですが、10月からは実質的に2%アップです。

資産はお金に換金できるからその資産価値があると考えると、資産額100万円なら90万円、1000万円なら900万円の価値しかなくなります。

消費しようとすると最初に10%引きになってしまうのは痛いです…

でも、お金として使わなかったり、消費税がかからないもの(土地や証券など)に使えば100万円の資産は100万円の価値を行使できます。こう考えると、還元キャンペーンに踊らされることなく、必要最低限の消費だけに控えた方が賢明な気がします。

消費税が上がると収入も目減りする

次に考えなくてはならないのがいかにして収入をアップさせるかです。

10月から会社が増税を考慮して給与をアップしてくれるならいいですが、大体の人は増税した分貧しくなります。

家賃とか生命保険にはそもそも消費税がかからないので収入が一律2%目減りする訳ではないですが、あまり実感出来ない額が毎月目減りしていくと思います。

減っているんだけどあまり気にならない額というのが曲者で、この微妙な搾取が長期的に(おそらくこの先もずっと)続くので感覚が増税に慣れてしまいます。

日本の消費税は1989年4月に施工されましたが、当時の3%から着々と増税していき今や10%です。日本に在住する限り日本の法律に従うほかないですが、上がるものはしょうがないだけで済ませてしまうと個人資産は目減りするだけなので、いかにして収入をアップさせるかが重要です。

還元キャンペーンは実は恐い

消費税増への消費対策として国は国費を使ってポイント付与制度を検討するなど還元キャンペーンに力を入れています。

オリンピックまでにキャッシュレス決済をより普及させたいという思惑もあるようですが、還元キャンペーンはあくまで消費した代償にポイントバックするという事なので容易に乗っかると現金を失います。

実質目減りしてしまうとは言え、この現金を少しでも貯める事が資産形成の第一歩なので死守できるかが重要なポイントです。

私も普段はクレジットカード等を使いキャッシュレス化してポイントを貯めていますが、生活必需品等で消費するならまだしも還元キャンペーンだからと言って不必要に消費をする必要はないと考えます。

住宅とかの2%の差が馬鹿にならない大きな買い物であれば増税前に買うのが賢明かもしれませんが、100万以下の買い物で緊急性が無いなら見送りして本当に必要なのかをまずは考えたい所です。

消費税増への対策として副業を始めました

消費税増により、

  • 資産が実質的に目減りする
  • 収入も実質的に目減りする
  • 還元キャンペーン何かより節約が一番
  • 増税した分収入をアップさせないといけない

という影響が起きる事がわかりました。

誰でも出来る対策としては還元キャンペーンによる消費煽り虫して節約を意識するという事ですが、節約って限界も早いので増税には収入アップしかありません。

投資ブログを書いているのでやっぱり投資と言いたい所ですが、私はまず副業をおすすめしたいです。

というのも会社員の場合、年間20万円までの雑所得は納税が免除されます。

正確には一箇所からしか給与所得を得ていない、かつ年収2000万円以下などの様々な条件がありますが、副業の報酬を雑所得で計上出来るのであれば確定申告が不要となり納税しなくてもよくなります。

年間20万円というと月16,666円程度。生命保険の控除枠などは活用している人が多いですが、会社員でこの20万円の枠を上手く使っている人は少ないと思います。非課税の20万円は一般人にとっては大きいと思いますので、出来るなら活用したい収入枠です。

雑所得で計上できる報酬にはフリマでの販売やクラウドソーシング、アフィリエイトなどがあります。私も今年、空いた時間を活用して副業をはじめましたが安定的に稼げてきてそろそろ月の上限に達しそうです。20万円を超えないように調整しなくてはいけないのが嬉しい悲鳴です。

当然、副業で稼いだ非課税の20万円は米国株へ投資して更に配当を貰う予定ですが、投資の資金作りにも副業はやっておいて損はないので興味がある人はこんなのから始めてみてはどうでしょうか。

サービス名 A8.net ハピタス ランサーズ
種類 アフィリエイト ポイントサイト クラウドソーシング
詳細 商品紹介で報酬を貰うほか、カード作成時や口座開設などで高額セルフバックを貰っている ここを経由して楽天やYahoo!で買い物するとキャッシュバックが貰える 手軽なお仕事探しサイト。もちろん報酬は雑所得
リンク 詳細はこちら
詳細はこちら 詳細はこちら

消費税増への対策その2はやっぱり投資

もう一つできる対策としては消費行動を抑えたお金での投資です!

本当に必要な物は買わなければいけませんが、還元キャンペーンの為に消費するのは愚策だと思うのでそこは物欲を堪えて投資に回したいです。

株や債権、投資信託などの金融資産は消費税がかからないですから、行き場を無くした物欲はこちらで発散させましょう。

私は、節約と副業で作った追加資金を連続増配中の米国株に投入し、二段構えで増税対策をするつもりです。

関連情報
米中貿易摩擦で株価が下落したので米国株の高配当銘柄に投資してみました
米中貿易摩擦がヒートアップし株価が不安定な中、連続増配中の米国株の高配当銘柄に投資してみました。 米国株はETFのVTIを買うという方針でしたがVTIは投...

まとめ

以上、消費税10%への対策を自分なりに考えてみました。

増税は国民にとって喜ばしくはない出来事ですがこればっかりは避けて通る事ができません。

なので「節約」「副業での収入アップ」そして「そのお金を更に投資」という結論に至りましたが、ここ数年はたるんでいたし気を引き締める良い機会なのかなと思うようにしました。

副業収入を得るのも、配当金で不労所得を得るのも時間がそれなりにかかりますが、早く始めればそれだけ有利になるので着実に一歩を踏み出したいですね。

スポンサーリンク

プロフィール

名前:rakuda
年齢:30代

2016年からのんびり投資をやっています。

株は配当金狙い、つみたてNISAやiDeCoなどのお得な制度も使いつつ、普段は節約に励んで投資資金を捻出しています。

投資と節約に関する情報を発信していきます。

カテゴリー