投資ログ

株、投資信託、FXで資産運用する記録

つみたてNISAで楽天ポイントが貯まる楽天証券の積立設定のやり方

投稿:

つみたてNISAしてますか?

制度開始の2018年1月からこつこつとつみたてNISAで「楽天・全米株式インデックス・ファンド」を買ってきましたが、つみたてNISAをちょっぴりお得にする方法を見つけたのでご紹介します。

一回設定すれば年間4,000円分の楽天ポイントをもらう事ができるので、楽天証券を使っている方は是非やってみてください。

スポンサーリンク

つみたてNISAで楽天ポイントをもらう方法

投資信託の購入は現金払いが一般的ですが、楽天証券では投資信託の購入に楽天クレジットカード払いが選べるようになったのでこの制度を活用します。

楽天クレジットカード払いにするメリットとしては100円につき1ポイント楽天スーパーポイントを貰える事で、同じく楽天証券で利用できるポイント投資にこのポイントを回せば複利効果が加速します!

毎月購入できる限度額は50,000円となっていますが、つみたてNISA自体が月33,333円の上限なのでこの枠を十分足ります。つみたてNISAだけの場合は年間に4,000円分の楽天スーパーポイントを貰えます。

残ったクレジットカード払いの枠が勿体なければ、特定口座で投資信託を追加購入して枠を使い切るのもオススメです。そうすれば年間で6,000円分の楽天スーパーポイントを貰う事ができます。

楽天証券がポイント投資を導入した事で楽天スーパーポイントの価値がよりお金に近づいた感じがします。立派なインカムゲインになるのでこれを貰わないのは損ですね。

楽天カード払いの設定方法

次は、楽天証券でつみたてNISAをやる時に楽天クレジットカード払いで設定する方法を解説します。

必要なもの

つみたてNISAで楽天スーパーポイントを貰うには楽天証券の口座と、楽天カードが必要です。

楽天カードが無ければ先に申し込みしましょう。特にこだわりが無ければ年会費無料の基本カードで大丈夫です。



合わせて楽天証券にも口座開設とつみたてNISAの開設もしておきましょう。

楽天証券の口座開設ページはコチラです。

設定方法

楽天カード、楽天証券口座、つみたてNISAの開設が済んだら下記の手順で設定を行います。

① 楽天証券にログインして積み立てする投資を選ぶ

楽天証券にログインしたらメニュータブの「つみたてNISA」→「ファンドを探す・選ぶ」の順にクリックします。

② 積み立てるファンド(投資信託)を検索します

どれにするか決まっているのであれば投資信託名を検索。そうで無ければ「ファンド一覧から選ぶ」から探すといいです。

③ 積み立てする投資を選ぶ

人気のある投資信託がランキング順に表示されるので条件に合った投資信託を選びます。今回はこのブログでも推している「楽天・全米株式インデックス・ファンド」を選びます。

投資信託は一種類だけでなく複数組み合わせてポートフォリオを組んでも大丈夫です。

④ 投資信託が決まったら積み立て設定へ

投資信託が決まったら積み立て設定画面に移ります。

⑤ 楽天クレジットカード決済を選ぼう

この画面では購入方法に「楽天クレジットカード決済」を選び、積み立て額を設定します。楽天クレジットカード決済の場合は毎月1日の購入になります。

楽天証券の場合はつみたてNISAの限度枠まで一杯に設定できる機能もあるので、MAXまで使う人はその機能も利用しましょう。

あとは目論見書を確認し問題がなければ申し込んでこれで設定完了です!

まとめ

こんな感じで設定方法は非常に簡単です。

すでに他の証券口座でつみたてNISAを始めてしまっている場合は楽天証券に移管するという手間はありますが、つみたてNISAで同じ投資信託を買うならこういうお得な制度は利用しないと損ですよね。

つみたてNISAは開始当初からやっていたものの、楽天証券を使っておきながらこのやり方に気付いていませんでした…

楽天スーパーポイントはあまり力を入れて貯めた事は無かったのですが、楽天証券でポイント投資ができるようになった事で楽天経済圏は上手く活用しないと損だと気付きました。

他に、楽天Payとか楽天でんきだとかを併用すれば普通に暮らすだけで投資に使えるポイント原資を貰えるので、楽天カードは今後必須かもしれません。



スポンサーリンク

プロフィール

名前:rakuda
年齢:30代

2016年からのんびり投資をやっています。

株は配当金狙い、つみたてNISAやiDeCoなどのお得な制度も使いつつ、普段は節約に励んで投資資金を捻出しています。

投資と節約に関する情報を発信していきます。

カテゴリー